徳島市で不動産を売りたい方必見!口コミで評判の会社をランキング形式で紹介しています。

家を住み替えたい!売り先行型と買い先行型のどちらを選ぶべき?

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/12/25

子どもの成長や独立などで、頭をよぎるのは家の住み替えです。しかし、今住んでいる家を売るのも、新しく家を買うのも一大事でしょう。両方とも上手くいかなければ、住み替えが成功したとはいえません。ここでは住み替えの理想のタイミングや「売り先行型」と「買い先行型」それぞれのメリット・デメリットを考えていきます。

家を住み替えで多い理由とタイミング

家の住み替えの理由で最も耳にするのは、家族構成の変化です。具体的には子どもが生まれたから、子どもが独立したからというものです。次に目にするのは、よりよい環境を求めてというものです。子どもを育てるのにふさわしい環境へ、職場や駅に近い家へ住み替える方は多くいます。

他には、家の老朽化やバリアフリー環境を求めてというものもありますが、総じていえるのが子どもがきっかけで家を住み替えるケースが多いということでしょう。つまり子どもの誕生や成長、独立が多くの方にとって住み替えのタイミングとなります。

また実際に家を住み替えの検討を始めると、別のタイミングが問題になります。それは、いつ古い家を手放し、いつ新しい家を購入するかということです。

家の売却は「査定」「媒介契約」「売却契約」「物件引き渡し」の順に進みます。家を買うためには「物件探し」「購入契約」「ローン手続き・代金支払い」「入居」の手順を踏まなければなりません。住み替えのベストのタイミングは、両方のゴールである「物件引き渡し」と「入居」が同時になることです。

しかし現実には上手くいかず、古い家の売却を先に進める「売り先行型」か、新しい家の購入を先に進める「買い先行型」のどちらかになってしまいがちなのです。

売り先行型の特徴とメリット・デメリット

「売り先行型」の特徴は、新しい家の「物件探し」を古い家の「売却契約」が済んだタイミングで始めるところにあります。「売り先行型」には2つのメリットがあります。

・家の売却で妥協しなくてすむ
・資金計画が立てやすい

「媒介契約」を結ぶと不動産会社は、家の所有者に代わって買い手を探してくれるのですが、思いどおりの価格が付くことはなかなかありません。希望する価格での買い手があらわれるまで、ゆっくりと今の家で暮らしながら待つことができるのが、売り先行型のメリットです。

また、売り先行型が物件探しを始めるのは「売却契約」を結んでから。今の家が実際に売れる金額が確定してからです。ローンを、今の家を売却した金額で完済ができるか?新しい家のローンを軽くできるか?と資金計画が立てやすくなります。それに対して、「売り先行型」のデメリットは以下の通りです。

・仮住まいが必要になる

「媒介契約」「売却契約」の間が自由になるかわりに「売却契約」から「物件引き渡し」の時間が1.5〜3カ月と限られてしまうのが、売り先行型のデメリットです。限られた時間で理想の家が見つからないと、仮住まいが必要になってしまいます。その分、家賃がかかりますし、引っ越しの費用も1回分余計にかかってしまうのです。

買い先行型の特徴とメリット・デメリット

「買い先行型」の特徴は、とりあえず新しい家の「物件探し」を始めてしまうところにあります。よくあるのは「不動産の査定」が済んだタイミング。「どれくらいで売れるか見当が付いたから、新しい家を決めてしまおう」というのです。「買い先行型」には2つのメリットがあります。

・新居の購入で妥協しなくてすむ
・仮住まいが必要ない

物件探しには時間がかかります。希望通りのものを見つけたいとか、掘り出ものを探すとなるとなおさらで、いつ見つかるかはまったくわからないのです。この時間を思いどおりにかけられるのが「買い先行型」のメリットです。また、新しい家は見つかっているのですから、先に引っ越し・入居してしまえばいいのです。仮住まいなど余計な費用がかからないというメリットもあります。それに対して、「買い先行型」にはデメリットも2つあります。

・家の売却で妥協しがち
・二重ローンになる可能性も

古い家のローンを完済してからのほうが、新しい家のローンの金利が低かったり、査定額が思いのほか高かったりします。新しい家が決まると、古い家はいち早く手放したくなるものです。その際に起こりがちなデメリットが、家の売却で妥協しがちなってしまうことです。もっと時間をかけたほうが高く売れたという後悔は、なかなか尾を引くものでしょう。

また、古い家の査定額と実際の売却額に大きなマイナスは出がちです。資金計画が狂ってしまうと、たとえば売却額で古い家のローンを完済できなくなります。すると、古い家と新しい家とあわせて二重にローンを支払うことになってしまうのです。

 

売り先行型、買い先行型、両方ともメリット・デメリットがありますから、よく比較して決めたいものですが、共通するのは不動産会社が深く関わることです。

「査定」額も会社によって大きく異なりますし、「媒介契約」を結んで以降、古い家に買手が付くか付かないかは、会社の営業マンの熱意に比例してしまうのです。つまり家の住み替えの成功は、不動産会社の良し悪しにかかっているといえます。よい不動産会社選びには評判を聞いたり、実際に訪ねてみたりと結構な労力がかかります。それでも、妥協してはいけないのが不動産会社探しなのです。

【徳島市】おすすめの不動産会社ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名あおの不動産大京穴吹不動産プラスナイスシティハウジングフィールズ
特徴徳島市に特化した不動産会社すべての不動産売買・賃貸事業を展開ブランド力と豊富な広告戦略で、早期売却を全力でサポートオーナー様4,500名以上のネットワークを持つ徳島市周辺における不動産売買では、頭一つ出た実績を持つ企業
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧