徳島市で不動産を売りたい方必見!口コミで評判の会社をランキング形式で紹介しています。

上手に不動産売却の希望価格と売却時期を決める方法

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/09/23

徳島市で不動産売却をする際には価格設定が何よりも大事です。的確に価格を設定すればいろいろな人に見てもらいやすくなりますが、相場よりもやけに高いと見向きもされません。こうした売却価格は徳島市の地価等とも照らし合わせて総合的に考えていく必要があります。ここではそんな販売価格の決め方について紹介します。

販売価格はどうやって決めるのか

販売価格を決めるのはなかなか複雑なものです。まず、販売価格を決めるためには物件の調査が必要になります。これをなくしては適正価格も定まりませんから、じっくりと依頼した不動産屋さんに調査してもらいましょう。検査においては地盤調査も行われますし、近隣調査もあります。こうした検査は時間もかかるものの、不動産売却にはやはり欠かせないプロセスです。

これが終わったら、次に物件の地価等を調べることも必要です。近隣の物件と比較した価格も見積もっていかないといけません。地価からある程度の価格を定めることはできるものの、やはり近隣の売りに出されている物件と価格があまりに異なると、なかなか売れないので気をつけてください。

加えて、売り主の要望や希望価格も考慮されます。売り主の希望価格通りに売れるとは限りません。実際に調べてもらった不動産の市場価格と、希望する価格を突き合わせて考えれば、実際に売るべき価格も定まってきます。これが不動産売却における売却価格の決め方です。

もちろん、希望価格よりもはるかに評価額が少なくて、不動産売却を諦めることもあります。不動産屋さんによっても評価額は異なりますから、不安ならばいろいろな不動産屋さんに見てもらうのも可能です。急いでいないならばこの方がよいでしょう。いずれにせよその後の流れを決めるのが販売価格の選定ですから、じっくりと行っておく必要性があります。

販売価格は改定も必要になってくる

販売価格は事あるごとに改定も必要になります。たとえば、実際に売りに出した後、まったく売れない場合には売り出し価格を変えていかないといけません。こうしたことは時間もかかりますが、不動産を売却するためには絶対に欠かせないプロセスです。

たとえば、500万円で売り出して3ヶ月間も売れなかったら、「50万円下げて売り出してみましょうか」と相談されることもあるでしょう。基本的に不動産屋さんの意見を尊重して、値段も決めていくとよいです。

また、値段交渉についても最初に話し合っておいてください。値段交渉次第で早く売れることもありますが、もちろん値段交渉も行き過ぎると希望価格で売れないこともあります。そのため、最初に「値段交渉してもらってもよいですが、これ以上安く売らないでください」と線引きしておくことも必要になります。

他にも、早く売りたいならばネットオークション等を利用するのもよいでしょう。不動産屋さんによってはネットオークションの仲介もしてくれます。ネットオークションであれば買い手が簡単に見つかるだけでなく、時には競りが激しくなって高額で売れることすらあります。

とはいえ、逆に失敗してしまって格安で売らないといけないこともあります。このように長短ありますから、オークション利用時には気をつけてください。不動産屋買取業者を利用して、早く売るといった方策もあり、徳島市でも不動産買取業者はいくつも見つかります。

さらに高く売るには売り出すタイミングが重要

徳島市で売るならば少しでも高い値段で売却したいものです。そんな高く売るコツとして大事なことが売る時期の見定めです。徳島市ではやはり3月頃に物件需要が増えますから、こうした時期に売り出しをしてみることも必要でしょう。場合によっては数割増しで売れることもあります。

他にも、物件価値を高める要素があります。たとえば、物件価値を高めるためにソーラーパネルを取り付けるなどをするとよいでしょう。エコ意識が高まっていることもあり、こうしたエコ住宅はやはり人気です。費用対効果も高いですから、少しでも高く売りたいならば工夫しておくことをおすすめします。

不動産屋さんを比較検討することも大事です。不動産屋さんも実に多様であり、仲介手数料も違いがかなりあります。たとえば、不動産屋さんによっては仲介手数料が売値の5%かかるところもあれば、仲介手数料がゼロなところもあります。こうした違いもあり、余計な手数料を減らして少しでも利益を高くしておきたいところです。

最後に、高く売りたいならばじっくりと待つことも大事でしょう。高い値段に設定すると買い手がなかなか現れないものですが、じっくりと待てばよい買い手が見つかる可能性もあります。じっくりと待つことは実に大事なことですから、もしも時間的な余裕があるならば1年単位の長期戦で取り組むとよいでしょう。とはいえ、それだけ維持管理費用等の負担が増してしまうといったデメリットはあります。

 

不動産売却をする際には価格設定が何よりも大事です。こうした価格設定で失敗すると不動産売却自体に失敗することにもなりかねませんから、不動産屋さんと相談してじっくりと決めていきましょう。また、ネットオークション等を活用してみるのも「あり」といえます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧