徳島市で不動産を売りたい方必見!口コミで評判の会社をランキング形式で紹介しています。

不動産売却における「仲介」と「買取」の違いとは?双方の特徴を理解しよう

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/04/21

双方の特徴

不動産を売却する方法には「仲介」と「買取」の二つがあります。言葉だけでなんとなくイメージできますが、実際にはどのような点が違うのでしょうか。こちらの記事では、不動産売却における「仲介」と「買取」の違いや、メリット・デメリットについてご紹介します。不動産をお持ちの方はぜひ、知っておくと良いでしょう。

不動産売却における「仲介」と「買取」の違い

まずは、不動産売却における「仲介」と「買取」の違いから確認してみましょう。

不動産売却の仲介とは

不動産売却での「仲介」とは、不動産の売買契約の際に、不動産会社に仲介してもらい契約を進めることを言います。不動産の売却は、個人で購入希望者を見つけることは、とても難しい場合が多いです。不動産会社に仲介をしてもらうことで、買い手が見つかりやすくなります。

また不動産売買では、さまざまな手続きがあり、専門的な知識が必要です。不動産会社に仲介してもらえば、面倒な手続きを任せることも可能です。

仲介の種類

不動産会社の仲介には、以下の三種類があります。

一般媒介契約

複数の不動産会社に不動産を売却するために動いてもらう契約です。複数の不動産会社に依頼することで、より多くの人の目にとまるのがメリットといえます。注意点としては、自社の利益につながりにくいので、積極的な売却活動をおこなってくれないことが懸念されます。

専任媒介契約

一つの不動産会社に仲介業務を任せる契約です。一般媒介契約より自社の利益につながりやすいので、積極的に動いてくれることが期待できますが、売却する不動産の情報が広がりにくい点があります。

専属専任媒介契約

一つの不動産会社に仲介を任せる点では、専任媒介契約と同じですが、自分で不動産を購入したい人を見つけた場合も、不動産会社に仲介手数料を支払う義務があります。専属専任媒介契約を結んだ不動産会社は、売主に週に一度、進捗状況を報告しなければならないので、売主は現在の売却状況を細かく知ることができます。

不動産売却の買取とは

不動産会社の買取とは、不動産を直接不動産会社から買い取ってもらう方法です。不動産会社は、不動産の査定を行い、見積りを提出します。その提示額に了承すれば契約をして、不動産会社から振り込みがおこなわれます。

不動産仲介を選ぶメリット・デメリット

先ほどの章では、不動産仲介と不動産買取の違いについてご紹介しました。続いては、不動産仲介と不動産買取のメリット・デメリットについてご説明します。

不動産仲介のメリット

不動産仲介のメリットは、売却価格を決められる点です。不動産を売却する事情はそれぞれあり、どのくらいの金額で売却したいのか、希望があるケースも多いでしょう。不動産仲介では、まずは希望額を決めて、それから売却するために策を練ることができます。

不動産仲介のデメリット

デメリットとしては、売れるまでに時間がかかる点です。どんなにスムーズに話が進んでも、2~3か月、現金が振り込まれるまでには、半年~1年かかることも多いです。不動産会社に仲介を依頼する際には、その点も頭に入れておきましょう。

不動産買取を選ぶメリット・デメリット

不動産買取のメリット、デメリットについて紹介します。

不動産買取のメリット

不動産買取のメリットは、現金化までが早い点です。契約を結んでから2週間~1か月ほどで振り込みされる場合がほとんどです。また、査定は一度のみで、何度も内覧に来る可能性がある仲介と違って、時間も取られません。

不動産買取のデメリット

不動産買取は、現金化までが早い一方で、相場よりも安い点がデメリットです。おおよそ相場の7割~8割と言われています。そのため、売却価格よりもローンの残債が多い場合、ローンの残債分だけ、お金を準備しなければなりません。

結局、「仲介」と「買取」どちらがおすすめ?

「仲介」と「買取」には、メリット・デメリットの両方がありますが、結局、どちらを選べば良いのでしょうか。それぞれにおすすめのケースをご紹介します。

仲介がおすすめのケース

「すぐに現金が必要ではない」「いつまでに売却したい」という場合は、買取の方がおすすめです。また、自宅ではなく投資用不動産の売却を検討している場合は、買取よりも高く売れる仲介を選びましょう。

買取がおすすめのケース

買取がおすすめのケースは「すぐに現金が必要」「売却したい期限が決まっている」という場合です。売却価格は下がってしまいますが、買取を選んだ方が良いでしょう。特に、自宅を売却する場合は、内覧に来るたびに気を遣うこともあるので、訪問回数も少ない買取がおすすめです。

 

不動産売却には、「仲介」「買取」の二種類があります。仲介は販売価格を自分で決定できるメリットがありますが、不動産を現金化するまでに半年~1年と時間が掛かります。買取は、査定から現金が振り込まれるまで約二週間とスピーディーですが、相場よりも7割~8割の値段になってしまうデメリットもあります。不動産売却をする際には、仲介と買取のメリット・デメリットを把握して、自分にはどちらが向いているか検討することが大切です。

【徳島市】おすすめの不動産会社ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名あおの不動産大京穴吹不動産
徳島店
ハウスドゥ
徳島店
SUMiTAS徳島中央店
フィールズ
特徴徳島市に特化した不動産会社すべての不動産売買・賃貸事業を展開ブランド力と豊富な広告戦略で、早期売却を全力でサポート不動産売買から、不動産投資、相続相談まで可能徳島市周辺における不動産売買では、頭一つ出た実績を持つ企業
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧